口臭は自分では自覚しにくいもの

こんにちは、管理人の「イスラ」です。暑い夏がそろそろ陰りを

見せはじめ朝晩も、

過ごしやすい日が増えてきたな、と感じています。
 
 

秋は美味しい食べ物が、増えはじめますのでこれから楽しみですね!!
さて、
 
今回のブログテーマは、口臭は自分では中々自覚しにくいいうところを

 

理解しよう。というところテーマに考えてみます。

■口臭は自分では中々自覚しにくい

口臭だけに限らずだと考えていますが、自分の臭いって

普段、気をつけていても中々気づきにくいもの。。。
 

臭いの性質は、違いますけど、スポーツ後などの汗の臭いは

割と、自分でもなんとなく汗臭いって感覚で分かるものだと思いますけど
 

なかなか自分の「口臭」となると、自分では気づけなくなると思います。
 
正直、気づきたくない(笑)という部分も心理的にあるのだと思います。

スポーツ後の汗の臭いは、割と単発で発生するもので、シャワーやお風呂に入れば
 
たいてい臭いは取れますし、体用の消臭剤も使用出来るので、
自分では気づかない内に、実は簡単な対策を打てているってところも大きな要素ですね。
 
対して、問題の口臭のほうは、よほど自分で気づけるタイミングでも無い限り
 
 
中々、気づけません。
 
口臭の臭いレベルにもより、周囲が示す反応にも違いが見えるようで

なるべく早く、ご自身の臭いレベルがどの程度であるのか

確認することが、今後の改善策/予防策を検討する上でも
大変大事な「気づき」部分となってきます。

■口臭自覚(気づき)のためにセルフチェックしよう

口臭のチェックのためのセルフチェックとして下の3つの内
 
いずかで、確認するのが間違いないとおもいます。
 
 
1.口臭(ブレス)チェックカー(家庭用)で確認する。

2.手の甲を舐めて確認する。

3.他人に臭いを嗅いでもらう。

他にも、いろいろと方法があると思いますが、この3つの確認で十分

自己認識はバッチリ行えます。
 
 
参考ですが、1の「口臭チェッカー」とはこんなものです。

体重計などで有名な会社が販売していますが、T○N○T○のブレスチェッカーなどです。

値段は、ピンキリですが、2000円前後で購入出来るようです。

高価な商品では、無いので1台あっても良いかも。

臭いレベルは、0~6段階まで。
 
数字が大きくなるにつれ、臭いレベルが高くなります。
 
 

 

2の唾液を舐めて確認する方法ですが

手を水洗いして(石鹸はつけない)、手の甲を舐める。

30秒くらい経過したら、ゆっくり鼻を近づけて臭いを嗅いでみる。
 
 
すると、「ツーン」とした刺激臭のような臭いがすると思います。

臭いレベルは、人それぞれですが、「ツーン」の原因は

歯周病や虫歯である場合が、多い症状です。

 

3の他人に臭いを嗅いでもらうが一番確実に口臭を自覚出来る契機になります。

上の2例のように、自分自身でセルフチェックが出来ないので

こっそりと確認が出来ない面があり、他人様に嗅いでもらう必要があるので
 
少々恥ずかしい感じもしますので、なるべく信頼のおける友人や親類者に
 
嗅いでもらうのが、よいと思います。
 
 
人によっては、嗅いでもらう相手がいないという方も、居ると思いますし

親類者に、嗅いでもらうのも・・・・・と云う方は
 
 
歯医者さんでも、検査してもらえます。

「官能検査」なんて、怪しげなネーミングが付いています。

歯科でも、口臭外来という歯科医院もありますので

そちらをご利用するのも、手だと思います。

 

■臭いレベル意識をするだけで心に余裕が

前述の口臭チェックで自分の臭いを意識することができれば

マイナスの面だけでは、ありませんよ。

口臭を知らずに毎日を過ごしていると、必ず有るときに誰かに「臭い」と
 
 
指摘を受ける日が必ず、やってきます。
 
自分ではなく、他人様からこの指摘を言われると
 
心が傷つきます。
 
なので、自分自身で口臭チェックを行い、気づくことが出来てれば

既に、何らかの対策したり、検討していますので

心のバランスも、維持が可能な場合が多く

指摘も受けにくくなります。指摘予防ですね。

 

このように、口臭を自分自身で確認し

逃げずに、向き合う事ができれば、
 
原因や対策を考える準備が行えます。

 

是非、セルフチェックを行い、HAPPYライフを迎える

準備を整えましょう。

 

それでは、最後までお読みくださり

ありがとうございました。

管理人の「イスラ」でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です